泥汚れ洗濯のコツ

汗の臭いの原因と対策

「汗の臭い」「汗臭さ」と言っても、実は汗そのものの臭いのことではないのです。汗自体にはにおいはないのです。え?それでは汗臭い人は何の臭いなのか。人の皮膚には、臭いのない「エクリン汗腺」、特有の臭いを発する「アポクリン汗腺」の2種類の汗腺があります。

 

脇や陰部などの独特の臭いはこの「アポクリン汗腺」から出てくる汗に、脂肪、尿素、アンモニアなどが含まれていることが原因で、これ以外の部分にかく汗は「エクリン汗腺」からの分泌で、汗をかいてすぐには臭いません。つまり無臭なのですが、これがなぜ臭いを発生するのかというと、皮膚表面の常在菌が増殖するためです。皮膚常在菌は水分と栄養で増殖するため、汗と角質などをエサに増えていっているのです。

 

通常汗をかいてすぐには臭わないのですが、時間が経つに連れて常在菌が繁殖するのに好都合な環境となり、爆発的に増殖し、そのため臭いが感じられるほどになるのです。

 

人によって変わりますが、汗をかいて6時間後が臭いのピークとも呼ばれています。そもそも常在菌の役割は、皮膚を外敵から守るためのものですが、汗が溜まりすぎてしまうと臭いの原因になるので対策が必要です。

 

汗の臭いの対策と予防について

 

「汗の臭い」の対策と予防についてのポイントは3つです。

汗をかいたらスグにしっかりふくこと

体を清潔に保つ必要があります。汗をかいたらしっかりふくこと。放っておくと常在菌が増殖してしまうため、その前にしっかり体をふくことです。濡れたタオルなどでふくのも効果的です。

 

 

食生活に気を使うこと

ニオイのもととなるものは、常在菌の栄養となる動物性タンパク質や脂肪です。肉類がとくに上記の栄養素を多く含んでいます。昨今、食生活が和食から欧米食になりつつあることで、日本人は体臭が強くなってきた、とも言われています。

 

この食生活を見直すことによって、体臭を作りにくい体づくりをすることができます。酵素飲料といったデトックス効果をもつものを飲用、服用するのも効果的です。

 

 

衣類についた汗をしっかり取り除く

しっかり体をケアしていても、衣類に汗臭さが残っていては、完全に臭いから逃れることは出来ません。そもそも衣類についた汗は、既に汚れの塊、シミとなってしまい、臭いの元にもなります。ですから、汗の汚れを衣類からしっかり取り除く必要があります。

 

通常洗濯機で洗えば、たいていの汗汚れは落ちますが、長時間放っておいた衣類についた臭いは、なかなか洗濯機の通常洗濯だけでは落ちません。その場合は、しっかり漬け置きをし、汗が発生しやすい箇所を入念に洗濯することをオススメします。

 

<<衣類の汗の臭いをしっかり元から根こそぎとる万能洗剤>>

 

泥汚れは使っている洗剤を変えるだけでも大きな変化が期待できます。泥汚れ、さらには汗の匂いまでをしっかり洗浄し、なおかつ肌にやさしい泥汚れ専用洗剤を使うことによって、あなたも泥汚れ洗濯の喜びと、時間の短縮出来、自由な時間を作ることが出来ます。→→→満足度が非常に高い泥汚れ洗剤はコチラ!

 

 

 

泥汚れ以外の汚れ

 

カテゴリーページ画像2−1

実は泥汚れに付随して、生活の中では頭を悩ませる汚れがたくさんあります。汗の臭い、汗臭さ、ワイシャツのエリ汚れ、食べ物の汚れはだれでも経験があるかと思います。泥汚れと同様、原因と対策を知っておくことで、もしその汚れがついてしまった時に、悩まずにストレスなく対処できるようになります。

 

関連エントリー

 

汗の臭いの原因と対策
ワイシャツのエリ汚れの原因と対策
作業服、調理服汚れの原因と対策
食べ物の汚れの原因と対策

汗の臭いの原因と対策関連ページ

ワイシャツのエリ汚れの原因と対策
ワイシャツのエリ汚れ、袖の汚れはガンコ汚れの一つです。そして、生地が白いので、汚れが目立ちやすいのです。実は、ワイシャツの汚れは厄介で、なかなか汚れているかどうかが分かりづらいのですが、乾いてかよく見てみたら汚れがついていた、ということはよくあります。
作業服、調理服汚れの原因と対策
作業服、調理服汚れは、汚れて当たり前、という認識がありますが、洗う側にとっては大変な労力がかかります。なぜなら、食べ物の油汚れや、グリス、オイルなどの汚れは、染み付いたらなかなか取れません。そしてそのままにしておくと、どんどん蓄積汚れとして溜まっていってしまいます。
食べ物の汚れの原因と対策
食べ物の汚れは誰にでも経験があると思います。ここでは原因というよりも、食べ物の汚れの種類とその対処方法を知ることによって、もし衣類が汚れてしまった時でも、焦らずストレスなく対処できるようにするための方法を解説していきます。