泥汚れ洗濯のコツ

泥汚れ洗剤の基本は、洗剤液を作り、軽くもみ洗いをし、部分的に汚れ箇所がひどい所は入念に揉み込む、その後つけ置きをして、洗濯機で通常通り洗う、というのが基本です。なかには汚れがひどいと、なかなか上記の手順を繰り返す、といったこともありますが、なるべくなら短時間で、よりキレイにされたいと思います。そこでオススメなのがこの「汚れスッキリねっと」です。軽い力で縫い目に沿ってこすることで、より汚れが出やすくなるため、手も傷めず、短時間で汚れを落とすことが可能です。

 

よく使い捨ての歯ブラシや、洗濯ブラシでゴシゴシ洗うと汚れが落ちやすい、と思われがちですが、力の加減を誤ると、生地を痛めてしまって、穴が開いてしまったり、衣類の寿命を縮める原因になります。汚れスッキリねっとは、体を洗うようなネットのように、ふわっと柔らかい素材で、ゴシゴシ洗っても生地を炒めたりしないのが大きな特徴です。

 

ゴシゴシ洗いはNGG、と別ページにてお話していますが、泥汚れはゴシゴシこすっただけでは汚れは落ちません。洗剤液につけることで、浮き出た汚れをかき出す、というイメージが大切で、その浮き出た汚れをかき出すのにもっとも適しているのが汚れスッキリねっとになります。

 

<<汚れスッキリねっとの詳細はコチラ!>>

 

泥汚れ洗剤の選び方
洗浄力は業界一の泥スッキリ303
安くて高洗浄力はドロンパッ
泥汚れをカバーふわっとスッキリ柔軟剤
軽い力で泥汚れ撃退マル秘アイテム
番外編〜洗濯板で泥汚れ洗濯〜

軽い力で泥汚れ撃退マル秘アイテム関連ページ

泥汚れ洗剤の選び方
泥汚れ洗剤や泥汚れ洗濯について、数ある泥汚れ洗剤や泥汚れ対策を書いています。泥汚れの洗濯で悩んでいたら、きっとお役に立てます。
洗浄力は業界一の泥スッキリ303
市販のスーパーなどで販売されている洗剤は、泥汚れ対応と書かれているものの、やはりオールラウンドに作られた洗剤なので、泥汚れ専門というわけではなく、食べ物のシミや、油汚れにも対応しているため、根気よく洗わなければ泥汚れは綺麗にならないのが現状です。泥スッキリ303は、原材料の値段を高く設定し作られているため、泥汚れを落とす独自成分を貪欲に配合していることが大きな特徴の一つです。
安くて高洗浄力はドロンパッ
泥汚れ洗剤はどれも値段が高い・・・。そのように思われている方も多いかと思います。実際通常の洗剤は200〜300円するものが多いですが、泥汚れ専用洗剤はどれも1500〜2500円などで、通常洗剤の何倍もの値段がします。その中でも、業界の中で安価でしかも汚れ落ちが満足の行く結果を出すことができるのがこの「ドロンパッ」の洗剤。
泥汚れをカバーふわっとスッキリ柔軟剤
ユニフォームや靴下に柔軟剤!?そんなのもったいないから使えない。汗や泥で汚れちゃうのに、意味ないじゃない。と思われる方も多いかもしれません。たしかに、野球のユニフォームや靴下は、一回でドロドロ、汗まみれになります。逆に、汚れが少ない、なんて日は珍しいのではないでしょうか。なので、どれだけ日々洗濯し、しっかりケアするのか、が大事になってきます。そこでオススメなのが、柔軟剤を使うこと。そしてポイントとしてシリコン入りの柔軟剤を使うことです。
番外編〜洗濯板で泥汚れ洗濯〜
泥汚れ洗濯の今までのやり方は、「洗濯板」が多く使われていました。それは100年以上も前、明治中期1880年〜1890年頃)からです。日本の昔からの洗濯文化かとおもいきや、実は、1797年にヨーロッパで発明されたものであり、日本古来のものではないということです。