泥汚れ洗濯のコツ

ゴシゴシ洗いはNG

なかなか泥汚れが落ちない…、そういうときは、なんとか汚れを落とそうと躍起になってしまい、力任せにゴシゴシ洗ってしまうことがあるかと思います。より強く洗えば、汚れは落ちるんじゃないか、と思われるのですが、これはまったくお角違いな話なのです。なぜゴシゴシ洗わなければいけないのか?というと、過去、デコボコの洗濯板に、ユニフォームや靴下を乗せて固形石鹸でゴリゴリこすりながら落としていたので、それが背景なっているのだと思います。時間にして、1時間は少なく無いかと思います。1時間は長いです。ちなみに、洗剤を素手で洗っていると、手荒れする、という恐れがあります。実は、5分くらいであれば、たいていの洗剤では手荒れは起こりません。(※個人差があります)ただ、いくらエコ洗剤とはいえ、1時間も洗い続けたら、手は荒れます。ですので、長時間洗剤液に手を付ける際は、必ず炊事用の手袋の着用をして下さい。

 

カテゴリーページ画像7−1

さて、ゴシゴシ洗いで、更に問題なのが、「生地が痛む」ということです。生地が痛む、ということは、ボロボロになり、穴が開いてしまう、ということですね。野球やサッカーの靴下や、ユニフォームなどは、生地が厚いため、多少強く洗ったり、水の温度を高めて洗浄効果が高まる、ということもありますが、力任せに洗っては、必ず生地がボロボロになり、穴が開いてしまいます。また、楽になるからといって、タワシや歯ブラシでゴシゴシ洗う方もいらっしゃいますが、これもあまりオススメしていません。力の加減は人それぞれですし、穴が開いてしまってからでは、修正が難しくなってしまうためです。またボロボロになった生地に、泥汚れが入り込むことによって、繊維の奥まで汚れが染み渡り、通常の泥汚れ洗濯では、汚れが落ちなくなってしまいます。

 

対策としては、洗剤液を溶かした中に、しっかりつけ置きをすること。そして、もみ洗い、こすり洗いをする際には、体を洗うような柔らかいネットを用いて、つけ置きして浮き出た泥汚れを、かき出すように洗うと、汚れが落ちやすくなります。

 

泥汚れは使っている洗剤を変えるだけでも大きな変化が期待できます。泥汚れ、さらには汗の匂いまでをしっかり洗浄し、なおかつ肌にやさしい泥汚れ専用洗剤を使うことによって、あなたも泥汚れ洗濯の喜びと、時間の短縮出来、自由な時間を作ることが出来ます。→→→満足度が非常に高い泥汚れ洗剤はコチラ!

 

 

 

泥汚れについて

 

カテゴリーページ画像2−1

ユニフォームや靴下に泥汚れが付く、なんてことは当然だ、とはいえ、泥汚れがついたまま野球やサッカーなどのスポーツをするのは、泥汚れ衣類を着させる方も、着る方も、あまり良い気はしません。なので、あまり泥汚れ洗濯が経験無い方は、なんとかゴシゴシ洗剤をつけて、こすったり、しぼったり、または熱湯をかけてキレイにしようと躍起になったりするのは考えものです。泥汚れの性質をしり、対策を講じましょう。

 

関連エントリー

 

なかなか落ちない泥汚れとは
泥汚れはどこでつくのか?
泥の種類を確認する
過去の泥汚れは落ちない?
泥汚れを放っておくと
ゴシゴシ洗いはNG

ゴシゴシ洗いはNG関連ページ

なかなか落ちない泥汚れとは
泥汚れ洗剤や泥汚れ洗濯について、数ある泥汚れ洗剤や泥汚れ対策を書いています。泥汚れの洗濯で悩んでいたら、きっとお役に立てます。
泥汚れはどこが一番つくのか?
泥汚れ洗剤や泥汚れ洗濯について、数ある泥汚れ洗剤や泥汚れ対策を書いています。泥汚れの洗濯で悩んでいたら、きっとお役に立てます。
泥の種類を確認する
泥汚れ洗剤や泥汚れ洗濯について、数ある泥汚れ洗剤や泥汚れ対策を書いています。泥汚れの洗濯で悩んでいたら、きっとお役に立てます。
過去の泥汚れは落ちない?
泥汚れ洗剤や泥汚れ洗濯について、数ある泥汚れ洗剤や泥汚れ対策を書いています。泥汚れの洗濯で悩んでいたら、きっとお役に立てます。
泥汚れを放っておくと
泥汚れ洗剤や泥汚れ洗濯について、数ある泥汚れ洗剤や泥汚れ対策を書いています。泥汚れの洗濯で悩んでいたら、きっとお役に立てます。