泥汚れ洗濯のコツ

泥汚れはどこが一番つくのか?

泥汚れといえど、ユニフォーム、靴下、衣類によって様々なところに汚れはつきますが、ここでは、一番重点的に洗うべきポイントを説明いたします。靴下の場合は、指先、かかと、くるぶしが特に繊維の奥まで汚れがつきやすいと言われています。その理由として、靴の中は、人によっては、どうしても蒸れてしまったり、汗をかいたりして、それらが泥汚れと混ざり合っており、なおかつ体重がかかる部分ですので、その分余計に泥汚れが染みこんでしまうためです。

 

カテゴリーページ画像3−1

特に汗の汚れ(皮脂汚れ)は、特に厄介です。それは、自分だけでなく、他の人に気づかれてしまうし、集団行動や、人の多い所、家に上がった時の臭さといったらたまりません。ただ、汗をかくこと自体が、体温調節をしてくれるので、悪いことではないのですが、人によっては汗の量が半端無く多い時もあります。なぜ泥汚れのテーマで、汗の汚れについて触れているかというと、泥汚れの中には、皮脂汚れ、汗の臭いもあるためです。泥汚れの説明でもあったように、泥汚れにはいろんな汚れが混ざり合っており、その中で、特に気になるのは、汚れ具合と、汗の臭いです。特に、夏場のムシムシする時期では、臭いが強烈かと思います。

 

話は戻りますが、靴下は特に指先、かかと部分が汚れやすい。なので、この部分を重点的に意識して洗って頂くと、全体的に真っ白に近づくレベルまで汚れ落としが可能になるかと思います。

 

そして、ユニフォームですね。これは、上下あるなかで、特にズボンの方。動きが活発なお子さんなら、たまにユニフォームに穴を開けて帰ってくることもあります。大半は、スライディングなどをして、生地がボロボロになってしまい、そこに穴が開くケースが多いのですが、実は、原因は、洗濯方法にもあります。つまり、泥汚れが落ちないと、ゴシゴシ洗う、そしてボロボロに傷んだ衣類を着て野球やサッカーなどのスポーツをすると、長持ちするものも、すぐに穴が開いてしまったり、ボロボロの生地の部分に汚れが蓄積していってしまいます。こちらも注意点としては、膝周り、スネあたりがよく汚れがつきやすいので、この部分を意識して洗って頂くと効果的です。

 

泥汚れは使っている洗剤を変えるだけでも大きな変化が期待できます。泥汚れ、さらには汗の匂いまでをしっかり洗浄し、なおかつ肌にやさしい泥汚れ専用洗剤を使うことによって、あなたも泥汚れ洗濯の喜びと、時間の短縮出来、自由な時間を作ることが出来ます。→→→満足度が非常に高い泥汚れ洗剤はコチラ!

 

 

 

泥汚れについて

 

カテゴリーページ画像2−1

ユニフォームや靴下に泥汚れが付く、なんてことは当然だ、とはいえ、泥汚れがついたまま野球やサッカーなどのスポーツをするのは、泥汚れ衣類を着させる方も、着る方も、あまり良い気はしません。なので、あまり泥汚れ洗濯が経験無い方は、なんとかゴシゴシ洗剤をつけて、こすったり、しぼったり、または熱湯をかけてキレイにしようと躍起になったりするのは考えものです。泥汚れの性質をしり、対策を講じましょう。

 

関連エントリー

 

なかなか落ちない泥汚れとは
泥汚れはどこでつくのか?
泥の種類を確認する
過去の泥汚れは落ちない?
泥汚れを放っておくと
ゴシゴシ洗いはNG

泥汚れはどこが一番つくのか?関連ページ

なかなか落ちない泥汚れとは
泥汚れ洗剤や泥汚れ洗濯について、数ある泥汚れ洗剤や泥汚れ対策を書いています。泥汚れの洗濯で悩んでいたら、きっとお役に立てます。
泥の種類を確認する
泥汚れ洗剤や泥汚れ洗濯について、数ある泥汚れ洗剤や泥汚れ対策を書いています。泥汚れの洗濯で悩んでいたら、きっとお役に立てます。
過去の泥汚れは落ちない?
泥汚れ洗剤や泥汚れ洗濯について、数ある泥汚れ洗剤や泥汚れ対策を書いています。泥汚れの洗濯で悩んでいたら、きっとお役に立てます。
泥汚れを放っておくと
泥汚れ洗剤や泥汚れ洗濯について、数ある泥汚れ洗剤や泥汚れ対策を書いています。泥汚れの洗濯で悩んでいたら、きっとお役に立てます。
ゴシゴシ洗いはNG
泥汚れ洗剤や泥汚れ洗濯について、数ある泥汚れ洗剤や泥汚れ対策を書いています。泥汚れの洗濯で悩んでいたら、きっとお役に立てます。