泥汚れ洗濯のコツ

泥汚れについて

カテゴリーページ画像2−1

ユニフォームや靴下に泥汚れが付く、なんてことは当然だ、とはいえ、泥汚れがついたまま野球やサッカーなどのスポーツをするのは、泥汚れ衣類を着させる方も、着る方も、あまり良い気はしません。なので、あまり泥汚れ洗濯が経験無い方は、なんとかゴシゴシ洗剤をつけて、こすったり、しぼったり、または熱湯をかけてキレイにしようと躍起になったりするのは考えものです。泥汚れの性質をしり、対策を講じましょう。

泥汚れについて記事一覧

なかなか落ちない泥汚れとは

泥汚れは友達!というのは冗談で、アンチ泥汚れになれ、というわけでもありません。もちろん子供が泥んこで帰ってくるのは、100%遊んできた、元気な証拠、と捉えればいいのかもしれませんが、その汚れを洗って落とす、となるとなかなかしつこいのが泥汚れです。しつこい汚れとは、執恋(しつこい)であり、恋するような...

≫続きを読む

泥汚れはどこが一番つくのか?

泥汚れといえど、ユニフォーム、靴下、衣類によって様々なところに汚れはつきますが、ここでは、一番重点的に洗うべきポイントを説明いたします。靴下の場合は、指先、かかと、くるぶしが特に繊維の奥まで汚れがつきやすいと言われています。その理由として、靴の中は、人によっては、どうしても蒸れてしまったり、汗をかい...

≫続きを読む

泥の種類を確認する

泥の種類って、泥汚れに種類なんてあるんですか?と思われるかもしれませんが、あります。イメージして頂くと分かるかもしれませんが、甲子園球場の真っ黒い土、または小学校のグラウンドの土を比べると、大きく違ういますよね。そうです。見た目です。なるほど、土の種類が違えば、洗い方、洗剤も変わってくるのか?という...

≫続きを読む

過去の泥汚れは落ちない?

泥汚れが落ちていないまま、ユニフォームや靴下を使っていると、だんだん汚れが「定着」してきます。なぜ定着、という言葉を使うのか。それは、泥汚れは、「蓄積汚れ」だからです。そもそも、水でも油でも落ちない不溶性の汚れが泥汚れですが、この汚れを放っておくと、繊維の奥まで汚れが染みこんでいきます。すると、一日...

≫続きを読む

泥汚れを放っておくと

泥汚れをキレイに落とさずに放っておくとどうなるか?そのまま放置すると、時間が経てば立つほど、「シミ」のような形で残ってしまいます。汚れがついた部分が黄ばみ、変色する、ということが起こってきます。これは酸化してしまい、時間が経つにつれて進行し、落ちにくくなってしまうのです。汚れを落とさずに衣類を収納し...

≫続きを読む

ゴシゴシ洗いはNG

なかなか泥汚れが落ちない…、そういうときは、なんとか汚れを落とそうと躍起になってしまい、力任せにゴシゴシ洗ってしまうことがあるかと思います。より強く洗えば、汚れは落ちるんじゃないか、と思われるのですが、これはまったくお角違いな話なのです。なぜゴシゴシ洗わなければいけないのか?というと、過去、デコボコ...

≫続きを読む